ネットワークビジネスに人気の役立つビジネススキル

初心者でも安心して始められる、資産運用のノウハウと掴んでおきたいポイント講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
資産運用のノウハウ

安全資産運用を実現するためには、資産種類を正しく理解して、自分が許容できる範囲のリスクで行うのが鉄則です。
初心者運用でありがちな失敗が、いきなりまとまった金額を1つの金融商品につぎ込むことだから、くれぐれも儲かりそうだからといって余剰資金の大部分を一度に使わないように気をつけましょう。

資産運用の代表的な金融商品は?

資産運用知識として押さえておきたい金融商品は、最も透明性が高い市場である株式、複数の株式などへ分散投資をする投資信託、さらには不動産経営が証券化されたJ-REITが有名です。
いずれも元本保証がない金融商品ではありますが、リスク管理を適切に行えば、銀行の定期預金より格段にお金を増やせる可能性があります。
運用資産比較では余剰資金の配分が重要であり、例えば株式市場が全面的に値上がりしていたら、株式投資の割合を増やすといった柔軟な対応が必要です。
運用ノウハウは、1つのかごに全ての卵を入れないことが基本になっていて、仮にいずれかの金融商品が上手くいかずとも、その他の金融商品で利益が出ていれば、総合的には問題ないという考え方をします。
安全な資産運用ノウハウは一朝一夕で身につくものではないから、自分にとって理解しやすい投資運用の参考書を何冊か読んでみるのも効果的です。

資産を運用する上での着眼点

安心投資としては、金利が高い外貨預金や、外貨ベースで運用する外貨建てMMF、通貨ペアの値動きを予測するFXといった外貨に対して投資できる金融商品も外せません。
資産安全の観点では、将来的な円安による資産の目減りや、投資チャンスの減少にも備えておくべきであり、外貨で投資運用できるスキルも習得しておいた方が、選択肢が増加します。
お金運用ポイントは、自分の身の丈に合った安全資産運用にすることで、自分で迅速に売買をするのが苦手ならば、プロに運用してもらう投資信託などが向いています。
自分で不動産を所有して経営するのはリスクが高いですが、J-REITなら少額から投資できて、しかも値下がりした場合でもすぐに売却して損失を限定することが可能です。

自分にあった資産運用方法を知ることが重要です

初心者運用では、その金融商品を長期的に保有することで定期的に得られる収入であるインカムゲインと、金融商品を売買した結果の売却益であるキャピタルゲインの区別が一番重要であり、自分がどちらを重視したいのかを早期に見極めておく必要があります。
自分自身で積極的に売買を行っていくのならば、投資家として直接売買ができる株式やFXを勉強していきましょう。
あくまで老後の備えとして長期の安定運用ができれば良い場合では、優良な投資信託や個人向け債券を少しずつ購入していく手堅い方法が人気です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。